2019/07/05

伊勢物語-第一段 初冠

 
伊勢物語




この記事を書いている人 - WRITER -

(原文)

昔、男初冠うひかうぶりして、平城ならの京春日の里に、しるよしして、狩りに往にけり。 その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。この男かいまみてけり。 おもほえず、ふる里にいとはしたなくてありければ、心地まどひにけり。 男の着たりける狩衣かりぎぬすそを切りて、歌を書きてやる。その男、しのぶずり狩衣かりぎぬをなむ着たりける。

和歌(1)

春日野の 若紫の すり衣 しのぶの乱れ かぎりしられず

となむ追ひつきて言ひやりける。ついでおもしろきことともや思ひけむ。

和歌(2)

みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに

といふ歌の心ばへなり。昔人むかしびとは、かくいちはやきみやびをなむしける。

 

(現代訳)

昔、ある男が元服の儀式をして、奈良の都の春日の里に所領をもっているという縁があって、鷹狩たかがりに出かけた。

その里にたいそう美しく優雅な姉妹が住んでおり、

この男は、垣根の隙間からこの姉妹を覗き見た。

すると、思いがけずこの旧都には似つかわしくないほどの美しい姉妹だったので、男は、動揺し心をかき乱してしまった。

 

男は着ていた狩衣かりぎぬすそを切って、それに歌を書いて姉妹に送ったのだが、

男は、しのぶずり狩衣かりぎぬをちょうど着ていたことから、

和歌(1)

春日野の若紫のように、美しく優雅なあなたたちにわたしの心は、このしのぶずりの模様のように乱れてしまいました

と、男はすかさず詠んだ。

偶然、しのぶずり狩衣かりぎぬを着ていたので、趣深いと思ったのであろう。

これは、

和歌(2)

陸奥の国のしのぶずりの乱れ模様のように、わたしの心が乱れめてしまったのは誰のせいでしょうか。それはわたし自身のせいではなく、まさにあなたのために乱されているのです

という歌と同じ趣向であり、昔の人は、このようにたいそう風雅なことをしたものでした。

 

  • 伊勢物語全体を通じて貫かれている精神

「ある男」は、在原業平ありわらのなりひらのことを指しているというのが定説です。

伊勢物語百二十五段のうち業平なりひらを主人公とするには、厳密に言えば辻褄が合わない段なんかもあるのですが・・・

 

この第一段は、物語としては、そんなに難しい話ではないと思います。

 

時代背景は、かつての都である平城京(奈良)から平安京(京都)に遷都された頃であり、伊勢物語全体を通じて貫かれている精神は、「都(都会)賛美、地方(田舎)軽蔑」です。

これは、「みやび賛美、ひなび軽蔑」と言い換えることができ、「ひなび」は、「鄙び」と書き、現代でも「ひなびた~」という表現でよく使用します。

では、この旧都は、「みやび」、「ひなび」どっちかと言うと、当然さびれつつあるとはいえ、かつての都であり、

そこに住む人たちは、少し落ちぶれてきていますが、すでに「みやび」の精神は持ち合わせていますので、「賛美」でしょう。

 

そういう背景で、業平なりひらもまだ元服したてで十代半ばあたりでしょうが、大人の仲間入りしたかの如くこの姉妹に、歌を送りますが、歌をしたためる媒体が無く、自分の着ていた狩り用の軽快な服のすそを切って、それにしたためます。

  • 在原業平ありわらのなりひら

いわずと知れた平安のプレイボーイですね。

光源氏のモデルとも・・・

業平なりひら自身も平城へいぜい天皇の孫として生まれ、皇族としての「みやび」は持ち合わせていますが、如何いかんせん傍流で、政治権力はなく、臣籍しんせきに下った身分です。

 

臣籍降下しんせきこうか

皇族がその身分を離籍し、姓を与えられ臣下に入る事。

 

臣籍しんせきに下ったとはいえ、皇族出身という誇りがあり、生粋の平民とは違うという意識でしょうか。

 

都>>旧都>>>>>>>地方

皇族>>皇族出身の平民>>>>>>>平民

 

こんな基本精神だと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.