日の本の屋根裏から日本を考える

伊勢物語-第二段 西の京

 
伊勢物語







この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

(原文)
むかし、男ありけり。

奈良の京は離れ、この京は人の家まだ定まらざりける時に、西の京に女ありけり。

その女、世人よひとにはまされりけり。

その人、かたちよりは心なむまさりたりける。

ひとりのみもあらざりけらし。

それをかのまめ男、うち物語らひて、帰り来て、いかが思ひけむ、時はやよひのついたち、雨そほふるにやりける。

和歌(3)

起きもせず 寝もせで 夜を明かしては 春のものとて 眺めくらしつ

 

(現代訳)
昔、男がいた。

都は、すでに奈良の都(平城京)を離れ、この都(平安京)にまだ人家も定着していないとき、その都の西の京に女が住んでいた。

その女は、世間の人より優れていた。

その人は、容姿ではなく、心が優れていた。

 

そして、その女は、独り身ではないが、かの誠意ある男がいろいろと語り合ったのち、帰って来て、どう思ったのであろうか・・・ときは三月一日、雨がしとしとと降り続く折り、次の歌を送った。

和歌(3)

起きるでもなく、寝るでもなく、夜を明かすと、春らしい長雨が降っており、それを眺めながら、物思いにふけって過ごしていました。

  • 西の京

平安京の朱雀大路すざくおおじを境にして、西の部分。

東の部分から開発が進み、西の部分は開発が遅れていました。

さて、この開発が遅れている西の京に住む女は、伊勢物語を貫く精神「みやび」か「ひなび」どちらの心を持っているか・・・

これは、「容姿ではなく、心が優れていた」や男のもの思いにふける感じから容易に想像がつくと思いますが、「みやび」の心を持っていたと考えるのが自然です。

 

  • 1.5流感の「あはれ」

第一段とも通じるところがあり、傍流というか1.5流への思いというか、こじつけ過ぎかもしれませんが、

業平なりひら自身の臣籍降下しんせきこうかした生い立ち、旧都の女、新都の開発が遅れている地域の女。

これら傍流もしくは1.5流への愛がこの第一、第二段では垣間見れます。

 

  • 容姿ではなく、心が優れていた

これ個人的に安心します。

古事記などは、ひたすら、女性の魅力は容姿の美しさでしか語られませんが、時代が下ったからなのか、作者の主義なのかは、分かりませんが、容姿ではなく、心の美しさが語られており、これが、伊勢物語でいう「みやび」の心です。

第二段の歌は、第一段の積極的な行動とは対比的な感じですが、がつがつと行くだけではなく、こうしたもの思いにふけるところも「みやび」の心なのでしょう・・・

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.