日の本の屋根裏から日本を考える

古事記を読む(154)中つ巻-第10代・崇神天皇

 







この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

将軍の派遣

崇神すじん天皇は、大毘古命おおびこのみこと高志道こしのみち(北陸道)に派遣し、大毘古命おおびこのみことの子である建沼河別命たけぬなかわわけのみことを東方十二道(東海地方の諸国)に派遣して、従わない者たちを服従させ平定をしました。

 

また日子坐王ひこいますのみこ丹波国たんばのくにに派遣して、玖賀耳之御笠くがみみのみかさを殺害させました。

 

ところで、大毘古命おおびこのみこと高志国こしのくにに行く途中、

腰に布を巻いた少女が山代やましろ(京都府)の幣羅坂へらさかに立って、

次の歌を歌っていました。

和歌(21)
御真木入日子みまきいりびこはや 御真木入日子みまきいりびこはや 己が緒を 盗み殺せむと 後つ戸よ い行き違ひ前つ戸よ い行き違ひ窺はく 知らにと 御真木入日子みまきいりびこはや

御真木入日子みまきいりびこ(祟神天皇)よ。御真木入日子みまきいりびこよ。
自分の命をこっそりと狙う人物が後ろの戸から行き違い、前の戸から行き違い、
様子を伺っているというのに、そのことを何も知らない・・・御真木入日子みまきいりびこよ )

 

大毘古命おおびこのみことは、この歌を聴いて、馬を引き返してその少女に問いました。

「あたたが言ったことは、どういう意味か」

 

すると少女は、

「わたしは何も言っていません。ただ歌を歌っていただけです」

と言うと、姿を消してしまいました。

大毘古命おおびこのみこと孝元こうげん天皇の息子。

日子坐王ひこいますのみこ開化かいか天皇の息子。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.