古事記を読む(163)中つ巻-第11代・垂仁天皇

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

沙本毘古さほびこ沙本毘売さほびめの兄妹

すると垂仁すいにん天皇は、驚いて起き、沙本毘売さほびめに、

「わたしは妙な夢を見た。沙本さほの方角から、大雨が近づいてきて、わたしの顔を濡らした。そして、錦色の小さな蛇がわたしの首に巻きついた。これは、一体何の兆しなのだろうか」

と尋ねました。

 

それを聞いた沙本毘売さほびめは、隠すことができないと思い、垂仁すいにん天皇に、

「わたしの兄である沙本毘古さほびこがわたしに、

『夫と兄のどちらが愛しいか』と問いました。

面と向かって問われたので、わたしは、

『兄の方が愛しいかもしれません』と答えました。

すると兄の沙本毘古さほびこは、

『わたしとおまえで天下を治めよう。天皇を殺しなさい』と言い、鋭利な小刀をわたしに授けました。

そして、これであなたの首を刺そうと三度みたび振り上げましたが、哀しい気持ちが込み上げ、刺すことができず、涙がこぼれて、あなたの顔を濡らしてしまったのです。

夢はその兆しでございましょう」

と打ち明けました。

兄との顛末を垂仁すいにん天皇に打ち明けてしまいました。

なんで言うかな・・・笑

 

兄に素直にやっぱりできなかったと言えば済むものの・・・

兄との顛末を知らせたことから、兄の沙本毘古さほびこはもちろん、妹のこの沙本毘売さほびめにも不幸が訪れます

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.