古事記を読む(174)中つ巻-第12代・景行天皇

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

后妃こうひ皇子女おうじじょ

大帯日子淤斯呂和気天皇おおたらしひこおしろわけのすめらみこと景行けいこう天皇)は纒向まきむく日代宮ひしろのみやで天下を統治なさいました。

 

景行けいこう天皇が、吉備臣きびのおみたちの祖の若建吉備津日子わかたけきびつひこの娘の針間之伊那毘大郎女はりまのいなびのおおいらつめと結婚して生まれた子が、

櫛角別王くしつぬわけのみこ

大碓命おおうすのみこと

小碓命おうすのみこと、別名、倭男具那命やまとおぐなのみこと(のちの倭建命やまとたけるのみこと)、

倭根子命やまとねこのみこと

神櫛王かむくしのみこ

の5柱。

 

また、八尺入日子命やさかのいりひこのみことの娘の八尺之入日売命やさかのいりひめのみことと結婚して生まれた子が、

若帯日子命わかたらしひこのみこと

五百木之入日子命いほきのいりひこのみこと

押別命おしわけのみこと

五百木之入日売命いほきのいりひめのみこと

です。

 

また、別の妻が生んだ子は、

豊戸別王とよとわけのみこ

沼代郎女ぬしろのいらつめ

です。

 

また別の妻が生んだ子は、

沼名木郎女ぬなきのいらつめ

香余理比売命かごよりひめのみこと

若木之入日子王わかきのいりひこのみこ

吉備之兄日子王きびのえひこのみこ

高木比売命たかきひめのみこと

弟比売命おとひめのみこと

です。

 

また、日向の美波迦斯毘売みはかしびめと結婚して生まれた子が、

豊国別王とよくにわけのみこ

です。

 

また、伊那毘能大郎女いなびのおおいらつめの妹の伊那毘能若郎女いなびのわかいらつめと結婚して生まれた子が、

真若王まわかのみこ

日子人之大兄王ひこひとのおおえのみこ

です。

 

また、倭建命やまとたけるのみことの曾孫の須売伊呂大中日子王すめいろおおなかつひこの娘の訶具漏比売かぐろひめと結婚して生まれた子が、

大枝王おおえのみこ
です。

大枝王おおえのみこ景行けいこう天皇が、倭建命やまとたけるのみことの曾孫の須売伊呂大中日子王すめいろおおなかつひこの娘の訶具漏比売かぐろひめと結婚して生まれた子とされています。

倭建命やまとたけるのみことは、景行けいこう天皇の子ですから、年齢的にあり得ないはずです。

曾孫(ひ孫)の娘と結婚したなんて、倫理的というよりも物理的にあり得ない話です・・・

小碓命おうすのみことが、のちの倭建命やまとたけるのみことです。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.