古事記を読む(179)中つ巻-第12代・景行天皇

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

小碓命おうすのみこと熊曽くまそ征伐

それを聞いた熊曽建くまそたけるは、

「まさにその通りです。西にはわたしたちを除いて強いものはいない。

しかし、大和国にはわたしたちよりも強い男がいた。わたしからあなたへ名前を差し上げたく思います。

これからは、倭建御子やまとたけるのみこと名乗ってください。」

と言いました。

 

熊曽建くまそたけるがそう言い終えると、小碓命おうすのみことは、熊曽建くまそたけるを熟した瓜を切り刻むようにずたずたに切り裂いてしまいました。

それから小碓命おうすのみことは、倭建命やまとたけるのみことと呼ばれるようになりました。

こうして、大和へと帰る途中に山の神、河の神、そして海峡の神を説得して従え、大和の地に戻りました。

こうしたいきさつで、小碓命おうすのみこと倭建命やまとたけるのみことを名乗るようになりました。

古代、名前がたくさんあるということは、それだけ役割がたくさんあったということでしょう。

古代日本のもう1人の英雄大国主神おおくにぬしのかみも数え切れないほどの名前をもっていました。

 

小碓命おうすのみこと倭建命やまとたけるのみこと)は、熊曽くまそ征伐を終えて、父である景行けいこう天皇のもとに意気揚々と帰って行きます。

しかし、父景行けいこう天皇は冷たく、ねぎらう間もなく、次なる遠征を命じます。

小碓命おうすのみこと倭建命やまとたけるのみこと)は、懸命に父景行けいこう天皇に尽くすのですが、一方通行で2人の間には大きな溝がありました。

兄源頼朝に必死に尽くすも、結果その労は一向に報われず、殺害される源義経をどうしても思い出してしまいます。

小碓命おうすのみこと倭建命やまとたけるのみこと)にしろ、源義経にしろ、空気を読めていない感は確かに存分にあるのですが・・・

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.