古事記を読む(196)中つ巻-第14代・仲哀天皇

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

神功じんぐう皇后の新羅遠征

そこで神功じんぐう皇后は、教えられたように、軍を整えると、船を並べて海を渡りました。

 

そのとき、海原の魚が大小かかわりなく、ことごとく皆神功じんぐう皇后の船を背負いました。

 

その上、強い追い風が吹き、船は波が進むのにまかせてぐんぐんと進んで行きました。

 

ついに、船が立てる波が、新羅の国に押し上がり、その波は、勢いよく国の半分程に達しました。

 

これに新羅の国王は、かしこまり、

「今後、天皇のお言葉に従い、馬飼いとして、毎年船を並べて、船の腹を乾かすことなく、さおや舵を乾かすことなく、天地が続く限り、永遠にお仕え致します」

と申しました。

 

これによって、

新羅を馬飼いの国と定めました。

百済の国を海の御料地と定めました。

 

そして、神功じんぐう皇后は、杖を新羅の国王の家の門に突きたてて、

住吉三神の荒御魂あらみたま国守神くにもりのかみとして祀り、国に帰りました。

 

神功じんぐう皇后は、新羅征伐がまだ終わらないうちに、子を生みそうになりました。

 

そこで神功じんぐう皇后は、腹を落ち着かせようと、石を腰に巻き付けました。

 

そして筑紫国にお戻りになると、御子(品陀和気命ほむだわけのみこと:のちの応神おうじん天皇)をお産みになりました。

 

その御子が生まれた土地を「宇美うみ(福岡県宇美町)」といいます。

 

その腰に巻き付けた石は筑紫国の伊斗村いとのむら(福岡県糸島市)にあります。

仲哀ちゅうあい天皇が崩御されたとはいえ、完全に神功じんぐう皇后の話になっています。

 

新羅征伐の神託を告げた「住吉三神」は、海の神です。

 

朝鮮半島と貿易を行っていた大阪の豪族の氏神です。

 

このことと、新羅征伐が関係あるのかは分かりませんが・・・

 

そして、やはり気になるのが、石を腰に巻いて、出産を遅らせたくだり

どういう原理?

 

そして、久々に出ました。

地名駄洒落。

宇美うみには、宇美神社があり、神功じんぐう皇后や応神おうじん天皇などが祀られています。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.