2019/01/06

古事記を読む(2)上つ巻-天地の創生

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

特別な別天神ことあまつかみ神世七代かみよのななよ

天地が初めてひらけたとき、高天原たかまのはら成った神は、天之御中主神あめのみなかぬしのかみでした。

間もなく高御産巣日神たかみむすびのかみ、次に神産巣日神かみむすびのかみが成りました。

この三の神は、いずれも独神ひとりがみで、すぐに姿を隠してしまいました。

このとき大地はまだやわらかく、水に浮かぶ脂のようで、海月くらげのようにぷかぷかと漂っていました。

ところがあしの芽のように萌えあがったものから、宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこじのかみ
次に天之常立神あめのとこたちのかみが成りました。この二柱の神もともに、独神でやはりすぐに姿を隠してしまいました。

これらのの五柱の神は、特別な神で「別天神」と申します。

次に国之常立神くにのとこたちのかみ、次に豊雲野神とよくもののかみが成りますが、この二柱の神も独神で、すぐに姿を隠してしまいました。

次に初めて男神と女神が成り、

宇比地邇神うひじにのかみとその妻の須比智邇神すひちにのかみ

次に角杙神つのぐいのかみとその妻の活杙神いくぐいのかみ

次に意富斗能地神おおとのじのかみとその妻の大斗乃弁神おおとのべのかみ

次に於母陀流神おもだるのかみとその妻の阿夜訶志古泥神あやかしこねのかみ

次に伊邪那岐神いざなきのかみとその妻の伊邪那美神いざなみのかみ
が成りました。

以上の国之常立神から伊邪那美神までを「神世七代」と申します。

成る:後に伊邪那岐神いざなきのかみ伊邪那美神いざなみのかみは、様々な神を生んでいくが、「生まれる」に対して、化成に近いイメージ。

天之御中主神あめのみなかぬしのかみ一番初めに現れた神だが、古事記ではその後1度も現れることのない神秘に満ちた神。

柱:神様を数えるときの単位。

独神ひとりがみ男女の区別のない神。

天地初発:世界の始まりに関する古事記の考え方。天と地が初発した後に神々が現れる(古事記の本文では天地初発、序文では天地開闢てんちかいびゃくと書かれている)。

天地開闢てんちかいびゃく世界の始まりに関する中国の考え方。混沌として、1つのものであった 天地が天と地に分離する。海外向けに書かれた日本書紀では、世界の始まりは、この天地開闢とされている。

 

古事記の本文と序文での天地の始まりの違いは、単なる間違いなのか意図的なものなのかは、分かりません・・・

いずれにせよ、

旧約聖書では、神がまずあって天地を創造するが、古事記では、天地がまずなった後に神々が現れる。

このあたりからもそれぞれの世界観の違いが読み取れます。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.