日の本の屋根裏から日本を考える

古事記を読む(20)上つ巻-伊邪那岐神と伊邪那美神

 







この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

みそぎ

みそぎの最後に、

伊邪那岐神いざなきのかみが左の御目を洗って成った神は、

天照大御神あまてらすおおみかみ

右の御目を洗って成った神は、

月読命つくよみのみこと

そして御鼻を洗って成った神は、

建速須佐之男命たけはやすさのおのみこと(以下、須佐之男命すさのおのみこと

 

八十禍津日神やそまがつひのかみから須佐之男命すさのおのみことまでの14柱は、

伊邪那岐神いざなきのかみみそぎをして生まれた神です。

天照大御神あまてらすおおみかみ日本人の総氏神そううじがみであり、皇祖神でもある太陽神の女神。太陽神が女性というのは、世界的には極めて異例でもあります。

氏神うじがみある地域の人々が祀る神。

皇祖神:皇室の祖神。

月読命つくよみのみこと夜を統治する月の神。三貴子みはしらのうずのみこでありながら、古事記ではこの後出てくることはなく、一般的にもあまり馴染みがなく謎が多い。

三貴子みはしらのうずのみこ古事記において、最も重要で貴い天照大御神あまてらすおおみかみ月読命つくよみのみこと須佐之男命すさのおのみことの三神を指す。

須佐之男命すさのおのみこと古事記では後に八岐大蛇やまたのおろちを退治する暴風神であり、数々の戦国武将に信仰されてきた絶大な人気を誇る出雲へとつながる神。天照大御神あまてらすおおみかみの弟に当たる。

 

日本の神々を語る上でもっとも重要な天照大御神あまてらすおおみかみ須佐之男命すさのおのみことがようやく誕生しました。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.