2019/01/06

古事記を読む(27)上つ巻-天照大御神と須佐之男命

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

誓約うけい

誓約うけいが終わると、天照大御神あまてらすおおみかみは、

「後に生まれた五柱の男神は、わたしの物から成ったのでわたしの子です。先に生まれた三柱の女神は、あなたの物から生まれたのであなたの子です」

と仰せになりました。

そもそも、天照大御神あまてらすおおみかみ須佐之男命すさのおのみことも自分の持ち物からそれぞれ子を成らせれば話も分かりやすいのにと思いますが・・・

この二大神をそれぞれかけ合わすことに意味があったのではとも思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.