日の本の屋根裏から日本を考える

古事記を読む(32)上つ巻-天照大御神と須佐之男命

 







この記事を書いている人 - WRITER -
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰「未来を担う子ども達に自分たちのアイデンティティである日本神話を」

天の石屋戸あめのいわやと

天照大御神あまてらすおおみかみ機織はたおり小屋で神にささげる神衣を織らせていると、須佐之男命すさのおのみことは、その小屋の屋根に穴をあけ、皮を尻の方から剥いだ馬を落とし入れました。

機織女はたおりめは、それに驚き、で陰部を突き刺して死んでしまいました。

このことを見た天照大御神あまてらすおおみかみは、恐ろしくなり、天の石屋戸あめのいわやとを開けてその中に籠ってしまいました。

これにより高天原たかまのはらは暗闇に包まれ、地上世界の葦原中国あしはらのなかつくにまでも暗闇となり、朝が来ない永遠の夜が続く世界になりました。

すると、万物の邪神の声が夏蝿なつばえのように満ち溢れ、万物の災いがことごとく起こりました。

天の石屋戸あめのいわやと高天原たかまのはらにある洞窟を塞ぐ岩。

横糸を通す道具。

 

これが有名な天照大御神あまてらすおおみかみ天の石屋戸あめのいわやと隠れです。

最初は寛大であった天照大御神あまてらすおおみかみも、人が死ぬ事態を招き、かばいきれなくなります。

弟のこの悪行を見た天照大御神あまてらすおおみかみは、原文では「故是に天照大御神見畏みて」となっており、「天照大御神あまてらすおおみかみは、恐ろしくなり」と読み取れますが、そのなかには相当な怒りが込められており、この後、須佐之男命すさのおのみことは、爪を剥がされ高天原たかまのはらを追放されます。

とはいえ、最高神天照大御神あまてらすおおみかみがすべてを放り投げ、引き籠もるというまさかの展開になりました。

この記事を書いている人 - WRITER -
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰「未来を担う子ども達に自分たちのアイデンティティである日本神話を」




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.