日の本の屋根裏から日本を考える

古事記を読む(48)上つ巻-天照大御神と須佐之男命

 







この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

八岐大蛇やまたのおろち

須佐之男命すさのおのみこと櫛名田比売くしなだひめとが寝所で交わって生んだ神の名は、八島士奴美神やしまじぬみのかみといいます。

また、須佐之男命すさのおのみことが、大山津見神おおやまづみのかみの娘の神大市比売かむおおいちひめめとって生んだ子は、大年神おおとしのかみ宇迦之御魂神うかのみたまのかみの二柱です。

兄の八島士奴美神やしまじぬみのかみ大山津見神おおやまづみのかみの娘である木花知流比売このはなちるひめめとって生んだ子は、布波能母遅久奴須奴神ふはのもぢくぬすぬのかみです。

この神が淤迦美神おかみのかみの娘である日河比売ひかわひめめとって生んだ子は、深淵之水夜礼花神ふかふちのみづやれはなのかみです。

この神が天之都度閇知泥神あめのつどへちねのかみめとって生んだ子は、淤美豆奴神おみづぬのかみです。

この神が布怒豆怒ふのずののかみの娘である布帝耳神ふてみみのかみめとって生んだ子は、天之冬衣神あめのふゆきぬのかみです。

この神が刺国大神さしくにおおかみの娘である刺国若比売さしくにわかひめめとって生んだ子は、大国主神おおくにぬしのかみです。

さらっと書いていますが、須佐之男命すさのおのみことは、櫛名田比売くしなだひめとは別に、神大市比売かむおおいちひめめとっています。

いよいよ日本をつくったヒーローでもある大国主神おおくにぬしのかみが登場してきましたが、この大国主神おおくにぬしのかみもたくさんの女性をめとります。

そして、一見、冗長に思える羅列ですが、伊邪那岐神いざなきのかみの流れを汲む須佐之男命すさのおのみこと(姉は天照大御神あまてらすおおみかみ)と日本をつくったヒーロー大国主神おおくにぬしのかみとを結ぶ系譜を示す役割をしています。

古事記では、大国主神おおくにぬしのかみは、須佐之男命すさのおのみことの6世孫に当たります。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.