古事記を読む(261)下つ巻-第26代・継体天皇

  2019/06/03 

天皇に関する出来事は、このの殺害のみです。 そもそも何故、命令に従わず無礼なことが多発したのか。 それに関しては、知る由がありませんが、もしかしたら、遠戚である天皇に対する反発 …

古事記を読む(260)下つ巻-第26代・継体天皇

  2019/06/01 

例のごとく、との列挙なのですが、 注目すべきは、天皇の子であるを、つまり皇后としていることです。   この天皇は、実は血縁関係など無いのに、後継者不足でやむを得ず偽っ …

古事記を読む(259)下つ巻-第25代・武烈天皇

  2019/05/31 

天皇の御代にいよいよ、子だけでなく親族にも皇位を引き継ぐ後継者がいなくなります。 苦肉の策として、第15代・天皇の5世の子孫であるなる人物を引っ張り出してくるのですが、これが現 …

古事記を読む(258)下つ巻-第24代・仁賢天皇

  2019/05/30 

注目すべきは、やはり、天皇が父の仇でもある、天皇の娘のと結婚していることです。 そして、2人の間にできたが次の第25代・天皇として即位します。   天皇の子である天皇 …

古事記を読む(257)下つ巻-第23代・顕宗天皇

  2019/05/29 

この話は、美談として語られることが多いように思います。 これは、同じ境遇の兄であるだから出来た説得です。   権力者には、こういった意見を出来る存在が近くに必要なので …

古事記を読む(256)下つ巻-第23代・顕宗天皇

  2019/05/28 

天皇は、かつて父が天皇に殺されたとき、身の危険を案じ、兄弟で逃げたことがありました。 そのときに、(干した飯。携帯食)をこののに奪われるのですが、「何者か?」と訊くと、このは、 …

古事記を読む(255)下つ巻-第23代・顕宗天皇

  2019/05/27 

天皇は、父のが埋められた場所を覚えていたをと名付け、厚遇します。 というのは、よく目で見て覚えていたというニュアンスが含意されているのでしょうが、そのままのネーミングです。

古事記を読む(254)下つ巻-第23代・顕宗天皇

  2019/05/25 

天皇の父であるは、天皇と一緒に狩りに行く道中、天皇に殺害されました。 そして、に入れられて、地面の高さと同じ高さで埋められるという、極めて雑な扱いで葬られました。 参考:古事記 …

古事記を読む(253)下つ巻-第22代・清寧天皇

  2019/05/24 

天皇も兄弟間で皇位を譲り合っていましたが、とも互いに欲をわにすることなく、皇位を譲り合います。 そして、天下を治めるきっかけをつくった功績ということで、弟のが第23代・天皇とし …

古事記を読む(252)下つ巻-第22代・清寧天皇

  2019/05/23 

は、が求婚しようとしていたの手を取り、に対して、かなり挑発的な歌を詠いました。   要は、を取り合っています。 「おまえの家傾いているな」 「大工の腕が悪いからだ」 …

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.