日の本の屋根裏から日本を考える

無念!サッカーW杯・日本ベスト16で敗退

 







この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

大会前:
監督交代劇、選手の選出に関して国内からバッシング。
わたしは、正直、過去のワールドカップで一番悲観的でしたし、期待もしてませんでした。

大会中:
試合が進み勝ち点を重ねるに連れて、国内は、バッシングに対する誤りを認める雰囲気。

予選3試合終了:
3試合目のポーランド戦をめぐって海外から猛バッシング、国内は、擁護。

ベスト16ベルギー戦後:
国内は、悔しいが大拍手。海外は、予想外の大健闘を絶賛。

 

あぁ、負けてしまいました。

後半何度か寝落ちして、起きたら2-1。

「おー!?なにー!!!!」

しかし、明らかに押されまくりの嫌な雰囲気・・・

そして、しばらくして、同点・・・逆転。

結局ベルギーのゴールだけを観て、敗戦。

 

ロシアへのお見送りは、かなり寂しい人数の見送りだったみたいですが、お出迎えは、生卵なんか投げつけず、温かくして欲しいと切に願います。

お疲れさまでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.