「 古事記を読む 」 一覧

古事記を読む(268・終)下つ巻-第33代・推古天皇

  2019/06/21 

天皇は、最初の女性天皇です。 厳密に言えば、天皇と天皇の叔母に当たるが、過去に臨時的に天皇になっていますが、歴代天皇には含まれず、また「●●天皇」といった名もありません。 参考 …

古事記を読む(267)下つ巻-第32代・崇峻天皇

  2019/06/19 

天皇に関する条は、これで終了です。 古事記のなかでは、最も短い記述に留まっています。   天皇の時代は、が非常に台頭した時代です。 日本書紀によると、天皇は、の殺害を …

古事記を読む(266)下つ巻-第31代・用明天皇

  2019/06/14 

天皇に関する記述もこのとに関する列挙で終了です。   天皇の皇子として、聖徳太子が誕生しました。 ご存じのように、聖徳太子は、皇位につくことができる身分でしたが、皇位 …

古事記を読む(265)下つ巻-第30代・敏達天皇

  2019/06/08 

天皇では、崩御の日と御陵の場所に関する記述がなされています。   皇位につくこともなかったの御子として、天皇が出てきましたが、天皇は、天武天皇の父親に当たります。 古 …

古事記を読む(264)下つ巻-第29代・欽明天皇

  2019/06/06 

天皇の条でも、崩御した年齢、御陵の場所に関する記述がありません。   (のちの天皇)、天皇は、言わずと知れた聖徳太子の父親になりますので、ここに来てようやく日本史にお …

古事記を読む(263)下つ巻-第28代・宣化天皇

  2019/06/05 

天皇に関する記述は、たったこれだけです。   これまでの天皇には、必ず記述されていた崩御した年齢、御陵の場所に関する記述さえありません。 非常に雑な扱いをされています …

古事記を読む(262)下つ巻-第27代・安閑天皇

  2019/06/04 

天皇に関する記述は、これのみです。   崩御した年齢の記述もありません。   ということで、天皇の条は、これで終了です。 次回からは、第28代・天皇です。

古事記を読む(261)下つ巻-第26代・継体天皇

  2019/06/03 

天皇に関する出来事は、このの殺害のみです。 そもそも何故、命令に従わず無礼なことが多発したのか。 それに関しては、知る由がありませんが、もしかしたら、遠戚である天皇に対する反発 …

古事記を読む(260)下つ巻-第26代・継体天皇

  2019/06/01 

例のごとく、との列挙なのですが、 注目すべきは、天皇の子であるを、つまり皇后としていることです。   この天皇は、実は血縁関係など無いのに、後継者不足でやむを得ず偽っ …

古事記を読む(259)下つ巻-第25代・武烈天皇

  2019/05/31 

天皇の御代にいよいよ、子だけでなく親族にも皇位を引き継ぐ後継者がいなくなります。 苦肉の策として、第15代・天皇の5世の子孫であるなる人物を引っ張り出してくるのですが、これが現 …

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.