伊勢物語-第十段 たのむの雁

 
伊勢物語




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

(原文)

むかし、男、武蔵国までまどひ歩きけり。さてその国にある女をよばひけり。父はこと人にあはせむといひけるを、母なむあてなる人に心つけたりける。父はなほ人にて、母なむ藤原なりける。さてなむあてなる人にと思ひける。このむこがねによみておこせたりける。住む所なむ入間のこほりみよし野の里なりける。

和歌(14)

みよしののたのむの雁もひたぶるに君が方にぞよると鳴くなる

むこがね、返し、

和歌(15)

わが方によると鳴くなるみよしののたのむの雁をいつか忘れむ

となむ。人の国にても、なほかかることなむやまざりける。

 

(現代訳)

昔、男が武蔵の国まで目的もなく歩いて行った。

そして、その武蔵の国に住む女に求婚した。

女の父は、この男とは違う男と娘を結婚させようと言うのを、母は、娘を高貴な身分の人のもとに嫁がせたいと思っていた。

 

父は、普通の身分の家柄で、母は、藤原氏であったのだ。

 

そうしたことから、母は、娘を高貴な身分の人にと思っていたのであった。

 

母は、この婿にしようと考えている男に次の歌を詠んで送った。

この女が住む所は、入間郡の三芳野の里であった。

和歌(14)

三芳野の田の面に立っている雁も、ひたすらに引板ひたを引くと片方へ鳴いて寄ってゆきますが、そのように、わたしの娘もあなた様に心をよせましょう。

 

これに対して、婿の候補の男は、こう返した。

和歌(15)

わたしの方に心をよせていらっしゃるという三芳野のお嬢さんを、いつ忘れましょうか。忘れることはございません。

と詠んだ。京から離れた他の国であっても、こうした風流は、やまなかったのであった。

  • 入間郡

埼玉県入間郡というのが有力です。

当時からしたら、京から遠く離れた、つまり、「ひなび」ですが、

出自が藤原氏という貴族出身であるという母のプライドが、娘の婿となる男に「あてなる人(高貴な身分の人)」というものを求めているということでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.