日の本の屋根裏から日本を考える

伊勢物語-第十二段 盗人

 
伊勢物語







この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

(原文)

むかし、男ありけり。

人のむすめを盗みて、武蔵野へて行くほどに、ぬすびとなりければ、国の守にからめられにけり。

女をば草むらのなかにおきて逃げにけり。

道来る人、「この野はぬすびとあなり」とて、火つけむとす。

女わびて、

和歌(17)

武蔵野はけふはな焼きそ若草のつまもこもれりわれもこもれり

とよみけるを聞きて、女をばとりて、ともにていにけり。

 

(現代訳)

昔、男がいた。

ある人の娘を盗み奪って、武蔵野へ連れて行ったところ、盗人であるので国守に捕まってしまった。

男は、女を草むらの中に置いて逃げたのであった。

 

男のあとを追ってきた人が「この野には、盗人が隠れている」と、火をつけようとする。

女は、困り悲しんで、

和歌(17)

武蔵野は今日は焼かないでください。愛しい夫も隠れていますし、わたしも隠れています。

と詠んだのを聞いて、女を取り戻して男と一緒に連れて行ってしまったのであった。

  • ある人の娘を盗み奪って

相思相愛の男女が駆け落ちのようなことをして、それを親が追ってきたというのが自然の解釈かと思います。

男は、女をおいて逃げてしまったのではなく、一旦草むらに隠して、あとで再び一緒になるということだと思います。

  • 和歌(17)

「な~そ」は禁止。

女が詠んでますので、ここでは「つま」は夫。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.