2019/01/07

古事記を読む(113)上つ巻-日向三代

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

海幸彦うみさちひこ山幸彦やまさちひこ

綿津見大神わだつみのおおかみは、

「兄の火照命ほでりのみことが高いところに田を作るならば、あなたは低いところに田を作りなさい。もし兄が低い土地に田を作るならば、あなたは高いところに田を作りなさい。そうすれば、わたしは水を支配しているので、3年の間に兄の火照命ほでりのみことは、貧しくなるでしょう。もし、そうしたことを恨んで、あなたを攻めて来たら、この塩盈珠しおみつたまを出して溺れさせさせて、もし苦しみから助けを求めたならば、この塩乾珠しおふるたまを使って助けてあげて、苦しめ悩ましなさい」

と言って、

塩盈珠しおみつたま塩乾珠しおふるたまの2つを火遠理命ほおりのみことに授けると、

すぐに和邇わにを集めました。

綿津見大神わだつみのおおかみは、

「今、天津日高あまつひこの御子の虚空津日高そらつひこが、上の世界へお帰りになる。誰が、送って差し上げ、帰るのに何日かかるかを報告出来るか」

と尋ねると、

和邇わにたちは、自分の体長に従って日数を申し上げているなか、一尋和邇ひとひろわにが、

「わたしは1日で送って差し上げ、帰ってきます」

と言いました。

塩盈珠しおみつたま海を満潮にできる玉

塩乾珠しおふるたま海を干潮にできる玉

一尋和邇ひとひろわに和邇わには、因幡の素兎いなばのしろうさぎでも論争になっていたように、サメだという論と、ワニだという論と、両論あります。そして、一尋ひとひろは、釣りでもよく使われる単位で、大人が両手を広げたときの長さ程度でおよそ1.5mくらいです。

 

綿津見大神わだつみのおおかみのここまでの想定は、もはや兄弟喧嘩の域を越えています。

もしかしたら、火照命ほでりのみこと火遠理命ほおりのみこととの間に権力争いがあったのかもと想像してしまいます。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.