古事記を読む(152)中つ巻-第10代・崇神天皇

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

三輪山の大物主神おおものぬしのかみ

すると崇神すじん天皇は、大層お喜びになり、

「天下は静まり、人々は栄える」

と仰せになり、

すぐに意富多々泥古おおたたねこを祭主として、御諸山みもろやま意富美和之大神おおみわのおおかみ(大三輪大神)を奉りました。

 

また、伊迦賀色許男命いかがしこおのみことに命じて、何枚ものお皿を作り、天つ神と国つ神のやしろを定め祭りました。

 

また、宇陀墨坂神うだのすみさかのかみに赤色の盾と矛を祭り、

また、大坂神おおさかのかみに黒色の盾と矛を祭り、

また、坂の尾根の神や河の瀬の神にも、残すことなくお供えをして祭りました。

 

これによって、疫病はすっかりと止み、国は平和になりました。

御諸山みもろやま三輪山のこと。

意富美和之大神おおみわのおおかみ(大三輪大神):大神神社おおみわじんじゃ大物主神おおものぬしのかみ

 

天つ神の最高神・天照大御神あまてらすおおみかみの系統の天皇が、大物主神おおものぬしのかみに振り回されてしまっています。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.