古事記を読む(156)中つ巻-第10代・崇神天皇

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

将軍の派遣

日子国夫玖命ひこくにぶくのみことは、

「そちら側から忌矢いわいやを撃ちなさい」

建波邇安王たけはにやすのみこに言いました。

 

そこで、建波邇安王たけはにやすのみこが矢を射ましたが、当たりませんでした。

次に、日子国夫玖命ひこくにぶくのみことが矢を射ると、建波邇安王たけはにやすのみこに命中して死んでしまいました。

 

この建波邇安王たけはにやすのみこの死によって、建波邇安王たけはにやすのみこの軍勢は、ことごとく総崩れとなり、散り散りになって逃げました。

 

その逃げる軍を追って、久須婆の度くすばのわたり(大阪府枚方市楠葉)に着いたときに、建波邇安王たけはにやすのみこの軍勢は、追い詰められて恐ろしくて脱糞して、はかまに掛かってしまいました。

そこでこの土地を「糞袴くそばかま」と言い、現在は久須婆くすばと呼ばれています。

 

また、逃げる軍を遮って斬ると、鵜のように河に死体が浮かびました。

そこでこの河を「鵜河うがわ」と言います。

 

さらに、兵を斬り放ったので、この地を波布理曽能ほふりその(京都府精華町)と言います。

大毘古命おおびこのみこと日子国夫玖命ひこくにぶくのみことは、こうして戦に勝って山代国を平定して、都の崇神すじん天皇に報告しました。

忌矢いわいや戦の初めに互いに吉兆を祈って射合う神聖な矢。

 

忌矢いわいやは、要は、戦を始めるにあたっての儀式みたいなもの。

名を名乗のった武士道に少し通じる部分もありますが、まだほど遠く、結構めちゃくちゃやっています。

 

わたし的に、面白くもなんともない土地にからめた駄洒落が今後も続発します。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.