2019/01/07

古事記を読む(177)中つ巻-第12代・景行天皇

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

大碓命おおうすのみこと小碓命おうすのみこと

景行けいこう天皇は、小碓命おうすのみことに、

「どうしておまえの兄である大碓命おおうすのみことは、朝夕の宮中の行事に出てこないのだ。おまえが兄に教えさとしなさい」

と仰せになりました。

 

ところが、それから5日が経過しても、大碓命おおうすのみことは、宮中の行事に出てきませんでした。

このことに景行けいこう天皇は、小碓命おうすのみことに、

「どうして、おまえの兄である大碓命おおうすのみことは、まだ出て来ないのだ。おまえは、兄に教えさとしていないのか」

とお尋ねになりました。」

 

これに対して、小碓命おうすのみことが、

「すでに教えさとしました」

と答えると、

景行けいこう天皇は、

「どのように教えさとしたのか」

とお尋ねになりました。

 

すると、小碓命おうすのみことは、

「明け方に大碓命おおうすのみことかわや(トイレ)に入ったとき、待ち構えて捕まえて、握りつぶし、手足を引き裂いて、袋に入れて投げ捨てました」

と答えました。

 

このことをお聞きになった景行けいこう天皇は、我が子である小碓命おうすのみことの猛々しく荒い性格を感じ、小碓命おうすのみことを遠ざけようと考え、

「西の方に熊曽建くまそたけるというものが2人いる。彼らは、従わないものどもだ。おまえは西に向かい、その者どもを討て」

と仰せになり、小碓命おうすのみことを西方へ派遣しました。

 

このとき、小碓命おうすのみことは、まだ髪を額の上で結う子どもがする髪型をしていました。

父の思惑を知らない小碓命おうすのみことは、叔母の倭比売命やまとひめのみことから衣服をもらいうけ、剣を懐に挿し入れ、出発しました。

小碓命おうすのみこと怖え~。

髪を額の上で結っているとあるので、このときまだ15歳前後だと思われます。

 

小碓命おうすのみこと、のちの日本古代の英雄倭建命やまとたけるのみことは、この無邪気な兄殺しがきっかで、不信を招き父である景行けいこう天皇から各地への遠征を言い渡され続ける人生を送ります。

小碓命おうすのみことは、純粋に父である景行けいこう天皇の役に立ちたい一心で勇んで、そして無邪気に遠征に出掛けて行きます。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.