古事記を読む(178)中つ巻-第12代・景行天皇

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

小碓命おうすのみこと熊曽くまそ征伐

小碓命おうすのみことが、熊曽建くまそたけるの家に着き、様子をうかがうと、家の周囲を兵が三重に取り囲み、守りを固めてその中に家が作られていました。

ちょうどその頃、その家の新築祝いの宴をしようと、食べ物を準備していました。

そこで、小碓命おうすのみことは、その周辺で宴の日を待っていました。

 

ついに宴の日が来ると、

小碓命おうすのみことは、少女のように髪をくしで梳き、それを垂らし叔母の倭比売命やまとひめのみことからもらった女性用の服を着て、少女のように変装して、宴の女性達の中に混じって家に入りました。

すると熊曽建くまそたけるの兄弟の2人は、変装した少女姿の小碓命おうすのみことを気に入り、兄弟の間に座らせて、酒盛りをしました。

 

やがて、宴もたけなわとなったとき、小碓命おうすのみことは、懐から剣を取り出し、兄の熊曽の服の襟を掴んで引き寄せて、その剣を胸に突き刺しました。

 

弟の熊曽は、それを見て恐ろしくなって逃げ出しました。

 

小碓命おうすのみことは、すぐに追いかけると、その家の階段の下まで行くと、背中を掴み、剣を尻から突き刺しました。

すると、弟の熊曽建くまそたけるは、

「その剣を動かさないでほしい。言いたいことがある」

と言いました。

 

そこで、小碓命おうすのみことは、剣を動かさず、熊曽建くまそたけるを押し伏せておきました。

すると、弟の熊曽建くまそたけるは、

「あなたは、誰ですか」

と尋ねました。

 

小碓命おうすのみことは、

「わたしは、纒向まきむく日代宮ひしろのみや大八島国おおやしまのくにを治める大帯日子淤斯呂和気天皇おほたらしひこおしろわけのすめらみこと景行けいこう天皇)の御子である倭男具那王やまとおぐなのみこである。
おまえたち熊曽建くまそたける2人が我々に従わず無礼だと景行けいこう天皇がお耳にし、討ち取るよう派遣されたのだ」

と答えました。

熊曽建くまそたけるは、具体名ではなく、「熊曽くまそ」は九州、「たける」は勇猛な者と言う意味で、「九州の勇猛な者」といった意味です。

小碓命おうすのみことののちの名前でもある倭建命やまとたけるのみことも「日本の勇猛な者」という意味です。

小碓命おうすのみことは、聡明というか汚いというか、そのような手段で熊曽建くまそたけるを討ち取ります。

兄の大碓命おおうすのみことの手足も引きちぎってますし、熊曽建くまそたけるも簡単にねじ伏せてますから、小碓命おうすのみことは、相当な怪力だったのでしょうが、中性的な外見をしていたということでしょう。

このバックボーンが、倭建命やまとたけるのみこと小碓命おうすのみこと)が人気者たる所以でしょう。

同時に、悲劇的な生涯を遂げたということも大きいかもしれません。

これは、義経人気にも通じるところがあり、何故か日本人は、強くてイケメンで悲劇のヒーローが大好きな気がします。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.