古事記を読む(188)中つ巻-第12代・景行天皇

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

倭建命やまとたけるのみこと薨去こうきょ

大和の倭建命やまとたけるのみことの后と御子達は、知らせを聞くと、皆、倭建命やまとたけるのみことのもとに行き、御陵を作りました。

 

后と御子達は、その御陵の周囲の田んぼを這い回って、泣きながら次の歌を詠みました。

和歌(33)

なづきの田の 稲幹いながらに 稲幹いながらに ひ廻ろふ 野老蔓ところづら

(御陵の近くの田の稲の茎、稲の茎にまとわりついている山芋のつるよ)

 

すると、倭建命やまとたけるのみことの魂は、大きな白鳥となって、空を飛び、海へと飛んで行きました。

倭建命やまとたけるのみこと后と御子達は、小竹の切り株で足を切りながらも、痛さを忘れ泣きながら追いかけました。

このときに、倭建命やまとたけるのみことの后と御子が次の歌を詠みました。

和歌(34)
浅小篠原あさしのはら 腰なづむ 空は行かず 足よ行くな

(丈の低い篠の原を進もうとしても、篠が絡み付いて進めない。
空を飛んで行くことも出来ない。足で歩いて行くしかない)

 

また、海に入り、どうにかして進もうと苦労しているときに次の歌を詠みました。

和歌(35)

海が行けば 腰なづむ 大河原の 植ゑ草 海処うみがは いさよふ

(海を進もうとしても、海水が腰にまとわりついて苦労して進めない。
広い川に生える水草のように、海では進めない)

 

また、千鳥が飛んで、磯に着いたとき、后と御子が次の歌を詠みました。

和歌(35)

浜つ千鳥 浜よは行かず 礒づた

(浜辺の千鳥は、行く安い浜辺を行かず、行きにくい磯伝いに行く)

 

これらの4首の歌は、倭建命やまとたけるのみこと御葬みはぶりに歌われた歌です。

それで現在に至るまで、天皇の大御葬おおみはぶりでは、これらの歌を歌います。

現在に至るまで:当たり前ですが、今現在ではなく、これが書かれた当時ということです。

 

個人的に、后と御子たちの思いは伝わってきますが、天皇の葬儀で代々歌うほど内容のある歌のようには思えませんが・・・

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.