日の本の屋根裏から日本を考える

古事記を読む(189)中つ巻-第12代・景行天皇

 







この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

 

倭建命やまとたけるのみこと薨去こうきょ

倭建命やまとたけるのみことの魂である白鳥は、伊勢から飛び立つと、河内国の志幾しき(大阪府柏原市)に留まりました。

そこで、后と御子達は、その地にも御陵を作り御鎮座いただきました。

そういった訳でその墓は「白鳥御陵しらとりのみはか」と言われます。

 

しかし、その白鳥は、その後そこからまた飛び立って行きました。

 

倭建命やまとたけるのみことが国を平定しに出掛けたときに、久米直くめのあたいの祖である七拳脛ななつかはぎが、常に膳夫かしわで(料理人)として従い仕えていました。

倭建命やまとたけるのみことの魂は、白鳥となって現在、大鳥神社(大阪府堺市)が存在する場所に降り立ったとされています。

久米直くめのあたいの祖である七拳脛ななつかはぎが、膳夫かしわでとして仕えていた・・・」

この最後の文章は、あまりに唐突でそれまでの流れにまったく沿っていません。

何故これをここにぶっ込んで来たのか・・・

 

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.