古事記を読む(205)中つ巻-第15代・応神天皇

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

矢河枝比売やかわえひめ

ある日、応神おうじん天皇は、

近江国へ行こうと、宇治野うじの(京都府宇治市)から葛野かずのをお望みに成り、次の歌をお詠みになりました。

和歌(36)

千葉の 葛野を見れば 百千足る 家庭も見ゆ 国の秀も見みゆ

(葛野を見渡すと、沢山の家並みが見える。国のすばらしいところも見える)

 

また、

応神おうじん天皇が、木幡村こはたのむらに至ったとき、

道の分かれ目で、可愛らしい少女と出会いました。

 

応神おうじん天皇は、その少女に、

「あなたは誰の子であるか」

とお問いになりました。

 

すると少女は、

丸邇わに比布礼能意富美ひふれのおおみの娘で、

名は、宮主矢河枝比売みやぬしのやかわえひめです」

と答えました。

 

そこで、応神おうじん天皇は、その少女に、

「わたしが、明日都に帰るときにあなたの家に立ち寄ろう」

と仰せになりました。

 

矢河枝比売やかわえひめは、早速そのことを詳細に父に話しました。

 

すると、父親は、

「それは、天皇に違いない。畏れ多いことである。我が子よ。お仕え申し上げなさい」

と言って、家を立派に飾り付け、待っていたところ、

応神おうじん天皇は、矢河枝比売やかわえひめの家にお入りになりました。

 

そして、天皇にご馳走を差し上げるときに、比布礼能意富美ひふれのおおみがおさかずきを持たせました。

古事記に出てくる天皇は、みんな可愛らしい少女が大好き。

見た目は悪いが気立ては良いからめとったなんて話は、少なくとも古事記にはありません。

これも、もちろん、ただ家に寄るだけではなくて、嫁としてめとるわけです。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.