日の本の屋根裏から日本を考える

古事記を読む(23)上つ巻-天照大御神と須佐之男命

 







この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

誓約うけい

追放された須佐之男命すさのおのみことは、

「こうなってしまったからには、天照大御神あまてらすおおみかみに理由を説明してから根之堅洲国ねのかたすくにへ行くことにしよう」

と言って、

高天原たかまのはらに参り上がるとき、山や川が揺れ動きました。

 

その異様な音を聞いた天照大御神あまてらすおおみかみは、驚き、

「弟が高天原たかまのはらに上ってくる理由は、善良な心からではない。たくらみがありこの高天原たかまのはらを奪おうと思っているに違いない。」

と仰せになり、

髪を解き、戦いやすいように男性がする髪型である角髪みずらに結い替え、

髪と左右の手に勾玉まがたまを多数巻き付け、

背には1000本の矢が入った矢入れを背負い、脇には500本の矢が入った矢入れを付け、ともを装着し、弓を振り上げて、堅い地面に股まで踏み入れ、地面を雪のように蹴散らして、威勢雄々しく、弟である須佐之男命すさのおのみことを待ち受けました。

誓約うけいあらかじめ定めた2つの事象のうちのどちらが起こるかによって、吉凶を判断する。

例えば、

「デートの約束をして、晴れたらそのお相手は自分に相応しいので結婚しよう、雨ならそのお相手は自分には相応しくないので別れよう。」

とあらかじめマイルールで定め、吉凶を判断する。

 

古事記では、この後誓約うけいがたくさん出てきます。

 

天照大御神あまてらすおおみかみは、凄い迫力で須佐之男命すさのおのみことを待ち受けますが、

須佐之男命すさのおのみことにそんな気はなく、

これは完全に天照大御神あまてらすおおみかみの早とちりの勘違いです。

 

高天原たかまのはらの統治者である天照大御神あまてらすおおみかみでさえも勘違いをするということです。

神社でお願いをする際は、神様も全知全能ではなく勘違いをすることがあり得るということを認識し、明瞭かつシンプルにお願い事をする方が良いかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.