古事記を読む(236)下つ巻-第20代・安康天皇

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

大日下王おおくさかのみこの事件

あるとき、天皇は、神床かむどこで昼寝をしていました。

天皇は、皇后こうごう長田大郎女ながたのおおいらつめ)に、

「おまえには、何か心配事があるか」

とお尋ねになりました。

 

これに、皇后こうごうは、

「天皇の厚い恵みを頂いているのですから、何も思うことはありません」

と答えました。

 

皇后こうごう長田大郎女ながたのおおいらつめ)には、前の夫である大日下王おおくさかのみことの間に目弱王まよわのきみという、7歳になる男の子がいました。

 

目弱王まよわのきみは、そのとき、その御殿の下で遊んでいました。

 

天皇は、その幼い王が御殿の下で遊んでいるのを知らず、皇后こうごうに、

「わたしは、常に心配していることがある。それは、おまえの子である目弱王まよわのきみが成人したときに、わたしがその父を殺したことを知ることがあれば、復讐心を抱くのではあるまいか」

と仰せになりました。

 

御殿の下で遊んでいた目弱王まよわのきみは、この言葉を聞いて、すぐに天皇が寝ていることを密かに伺って、その傍らにあった太刀を取って、天皇の首を打ち切り、都夫良意富美つぶらおおみの家に逃げ込みました。

 

天皇の御寿命は、56歳。

御陵は、菅原の伏見岡ふしみのおか(=奈良県奈良市宝来町)にあります。

神床かむどこ天皇が神意を受ける床。

 

天皇が暗殺されるという前代未聞の事件が発生しました。

公式な記録として、暗殺された天皇は、この第20代・安康あんこう天皇と、第32代・崇峻すしゅん天皇の2人だけです。

 

そもそも目弱王まよわのきみの父親である大日下王おおくさかのみこは、完全な冤罪でしたが、安康あんこう天皇は、部下の嘘を見抜くことができず、無実の大日下王おおくさかのみこを殺害しました。

この大失態と神聖な神床かむどこで昼寝をするという神への不敬がこの暗殺の伏線となっていると読むのが自然な気がします。

 

いずれにせよ、安康あんこう天皇は、崩御しましたが、もうしばらく安康あんこう天皇の条は、続きます。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.