日の本の屋根裏から日本を考える

古事記を読む(240)下つ巻-第20代・安康天皇

 







この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰「未来を担う子ども達に自分たちのアイデンティティである日本神話を」

意祁王おけのきみ袁祁王をけのきみ

市辺王いちのへのみこ忍歯王おしはのみこ)のみこである、

意祁王おけのきみ(のちの仁賢にんけん天皇)と袁祁王をけのきみ(のちの顕宗けんぞう天皇)の2柱は、この争乱での父の死を知り逃げました。

 

山代の苅羽井かりはいに到着して御粮みかれい(干した飯。携帯食)を食べていると、目尻に刺青を入れた老人がやって来て、そのかれいを奪いました。

 

そのとき、2柱のみこは、

「そのかれいを惜しいとは思わないが、おまえは一体誰だ」

と聞きました。

 

すると、老人は、

「わたしは、山代の猪甘いかいだ」

と答えました。

 

その後、2柱のみこは、玖須婆くすば(大阪府枚方市楠葉)の河を逃げ渡って、針間国はりまのくに(播磨国)に到着すると、志自牟しじむという名のその国人の家に入りました。

2柱は、身分を隠して馬飼い、牛飼いとして仕えて働きました。

猪甘いかい豚を飼う部署。

 

大長谷王子おおはつせのみこ(のちの雄略ゆうりゃく天皇)は、皇位を求めて、競合する身内である忍歯王おしはのみこを殺害しました。

当然、その2人の息子である意祁王おけのきみ袁祁王をけのきみも危険を察し、逃げ出します。

 

食べ物の恨みは恐ろしい。

とりわけ、逃避行中の食べ物の恨みはもっと恐ろしい。

米を干した携帯食を取り上げたこの老人は、ご丁寧に身分を明かして略奪を行いました。

この2人がみこであることも知らず・・・

やがて、2人が天皇になると、この老人は、きっちりと殺害されます。

 

安康あんこう天皇の条は、これで終わりです。

次回からは、第21代・雄略天皇です。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰「未来を担う子ども達に自分たちのアイデンティティである日本神話を」




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.