古事記を読む(252)下つ巻-第22代・清寧天皇

 




この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

皇位の譲り合い

顕宗けんぞう天皇が、天下を統治なさろうとするとき、

平群臣へぐりのおみの祖である志毘臣しびのおみが歌垣に立ち、袁祁命をけのみことが求婚しようとしていた美人おとめの手を取りました。

その嬢子おとめは、菟田首うだのおびとの娘であり、名を大魚おうおといいます。

 

そこで、袁祁命をけのみことも歌垣に立ち、志毘臣しびのおみが、次の歌を詠みました。

和歌(97)

大宮の 彼方つ端手 隅傾けり

(宮殿のあちらの隅が傾いている)

 

このように詠んで、その歌の続きを求めたところ、袁祁命をけのみことは、次の歌を詠みました。

和歌(98)

大匠 怯みこそ 隅傾けれ

(大工の棟梁が下手だから、隅が傾いたのだ)

 

志毘臣しびのおみが、また次の歌を詠みました。

和歌(99)

大君の 心を緩み 臣の子の 八重の柴垣 入り立たずあり

(大君の心が緩んでいるから、臣下の者の家の八重の柴垣に入ってこれないのです)

 

そこで、王子みこが、また次の歌を詠みました。

和歌(100)

潮瀬の 波折りを見れば 遊び来る しびが端手に 妻立てり見ゆ

(潮瀬で波が崩れるのを見ていると、泳いで来たしび(マグロ)のひれに妻が立っているのが見える)

 

そこで、志毘臣しびのおみは、いよいよ怒って次の歌を詠みました。

和歌(101)

大君の 王子みこの柴垣 八節結り 結りもとほし 切れむ柴垣 焼けむ柴垣

(大君の王子みこの柴垣は、たくさんの結び目で締められて、しっかりと締められているが、切れる柴垣だ。焼けてしまう柴垣だ)

 

そこで、王子みこが、また次の歌を詠みました。

和歌(102)

大魚よし しび突く海人よ 其が離れば うら恋しけむ しび突く志毘しび

(大きな魚であるしびを突く海人よ。それが遠く離れていけば、うら恋しいであろう。しびを突く志毘しびよ)

 

このように詠うと、夜を明かして、それぞれ、その場から退きました。

志毘臣しびのおみは、袁祁命をけのみことが求婚しようとしていた大魚おうおの手を取り、袁祁命をけのみことに対して、かなり挑発的な歌を詠いました。

 

要は、大魚おうおを取り合っています。

志毘臣しびのおみ「おまえの家傾いているな」

袁祁命をけのみこと「大工の腕が悪いからだ」

志毘臣しびのおみ「おまえのとこのトップの心が緩んでるからだろ」

袁祁命をけのみこと「マグロのひれに乗って彼女(大魚おうお)がわたしの所に来てくれた」

志毘臣しびのおみ「おまえのとこの柴垣は切れて焼けてしまうちんけなものだ」

袁祁命をけのみこと志毘しびよ。彼女(大魚おうお)が乗ったマグロが遠く離れてしまってはうら恋しいだろ」

 

儀式の一環としてなのか・・・どこまで本気か分かりませんが、いずれにせよ1人の女性を巡って歌のやり取りを行いました。

まぁ、しかし志毘臣しびのおみは、この後、意祁命おけのみこと袁祁命をけのみことに殺害されてしまいますので、本気のやり取りだったのかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.