日の本の屋根裏から日本を考える

古事記を読む(256)下つ巻-第23代・顕宗天皇

 







この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

猪甘いかい老人おきなへの復讐

天皇は、かつて父が雄略ゆうりゃく天皇に殺されたため、お逃げになったときに、猪甘いかい老人おきな御粮みかれい(干した飯。携帯食)を奪われたことがありました。

 

天皇は、この老人おきなを探し出すと、呼び寄せて、飛鳥河あすかがわの河原で斬り殺しました。

 

またその一族の膝の筋を断ち切りました。

 

こういうわけで、現在までその子孫が大和に上る日は、必ず自然と足が不自由になり、その足を引きずるのです。

そして、その子孫にその老人おきながいた土地をよく見させたので、その土地を志米須しめすと言います。

天皇は、かつて父が雄略ゆうりゃく天皇に殺されたとき、身の危険を案じ、兄弟で逃げたことがありました。

そのときに、御粮みかれい(干した飯。携帯食)をこの猪甘いかい老人おきなに奪われるのですが、「何者か?」と訊くと、この老人おきなは、ご丁寧なことに職業を名乗ります。

 

おまけに顔に刺青をしていました。

 

そういうワケで、探し出すのは、さほど難しい作業ではなかったように思います。

 

そして、この老人おきなを殺害するだけではなく、その子孫の膝の筋を断ち切ります。

 

先祖の罪は、子孫の罪・・・儒教的な考えですね・・・今の日本人には、あまり存在しない感覚です。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.