日の本の屋根裏から日本を考える

古事記を読む(77)上つ巻-国譲り

 







この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

天菩比神あめのほひのかみ天若日子あめのわかひこ

天照大御神あまてらすおおみかみは、

豊葦原之千秋長五百秋之水穂国とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに(日本)は、我が子である正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと(以降、天之忍穂耳命あめのおしほみみのみこと)が統治すべき国である」

と仰せになり、

天之忍穂耳命あめのおしほみみのみことを地上にくだらせました。

 

天之忍穂耳命あめのおしほみみのみことは、天の浮橋にお立ちになり、

豊葦原之千秋長五百秋之水穂国とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくには、ひどく騒がしい

と仰せになり、天上に再び戻り、天照大御神あまてらすおおみかみにそのことを申し上げました。

正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと須佐之男命すさのおのみこと天照大御神あまてらすおおみかみ誓約うけいの際に成った神。天皇家の先祖にあたる。

参考:古事記を読む(26)上つ巻-天照大御神と須佐之男命

天の浮橋:伊邪那岐神いざなきのかみ伊邪那美神いざなみのかみが、天の沼矛あめのぬぼこで日本列島を作る際に立った橋です。

参考:古事記を読む(3)上つ巻-伊邪那岐神いざなきのかみ伊邪那美神いざなみのかみ

ひどく騒がしい:「荒れている」とも「にぎやか」とも解釈でき、要は、良いとも悪いとも言っていない抽象的な表現。

 

いよいよ「国譲り」に入りました。

この「国譲り」は、天照大御神あまてらすおおみかみの略奪ととられ兼ねないものです。

大国主神おおくにぬしのかみの国作りは、とても大国主神おおくにぬしのかみ一人で成し遂げられたものではなく、天照大御神あまてらすおおみかみが統治する高天原たかまのはらの神々の力も多大に借りることになりました。

大国主神おおくにぬしのかみのダメダメっぷりは、もしかしたら、この「国譲り」への布石だったのかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.