日の本の屋根裏から日本を考える

二十歳の原点

 







この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

「Chikirinの日記」の著者である、ちきりんさんの記事を読んでいたら、日記を書くきっかけとなったのが、

「二十歳の原点」高野悦子 著

と書いてあって、なんだか再読したい衝動にかられ本棚から引っ張り出してきたら、

付箋がペタペタ貼ってあって、思わず笑ってしまった。

 

何をペタペタはってやがる・・・

 

本で気になった箇所は蛍光ペンをひくことが多いが、そのときの気分で付箋をペタペタ貼っているものもある。

 

「二十歳の原点」を読んだのは、おそらく20代前半の頃と記憶している。

 

ページをめくるとさすがにハラハラと付箋が落ちてきたので、新しく貼り直した。

今でもはっきりと覚えているのは、

「独りであること」、「未熟であること」、これが私の二十歳の原点である。

という部分。

 

付箋を追っていくと、やはりこのページに付箋が貼られていた。

20代前半に貼った付箋の意味を30代後半の今の自分が理解し回収していけるのか・・・

 

最近、古事記関係のものばかりを読んでいて、仕事も一段落ついたので、気分転換にダッシュで再読したいと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2018 All Rights Reserved.