伊勢物語-第七段 かへる浪

 
伊勢物語




この記事を書いている人 - WRITER -

(原文)

むかし、男ありけり。京にありわびてあづまにいきけるに、伊勢、尾張のあはひの海づらを行くに、浪のいと白くたつを見て、

和歌(8)

いとどしく 過ぎゆく方の 恋しきに うらやましくも かへる浪かな

となむよめりける。

 

(現代訳)

昔、男がいた。

京に住んでいるのが辛くなって、東国に行ったのだが、伊勢と尾張の間の海岸を通って行くときに、波がとても白く立っているのを見て、

和歌(8)

日が経ち、ますます京から離れゆくほどに、京が恋しくなってくるというのに、寄せてはまた返ってゆくうらやましい波よ。

と、詠んだのであった。

  • 東国に行った

いわゆる、「東下り」の話です。

「ありわびて」は、「いるのが苦痛になって」というニュアンスであり、現代でいう楽しい旅行などではなく、どこか不本意ながら都を離れてゆくのが垣間見られます。

そして、この当時の東国(京から見て)は現代とは違い、辺境の地です。

 

  • 和歌(8)

寄せては返る波を見て、京に返ることができない己を重ね合わせて、うらやましがっています。

 

この「東下り」の話も十五段まで続き、伊勢物語では重要な位置付けです。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.