日の本の屋根裏から日本を考える

古事記を読む(239)下つ巻-第20代・安康天皇

 







この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。

市辺忍歯王いちのべのおしはのみこ

この後、淡海おうみ佐佐紀山君ささきやまのきみの祖である韓袋からふくろという名の者が言いました。

淡海おうみ久多綿之蚊屋野くたわたのかやのに多くのの猪や鹿がいます。その足は荻原すすきはらのようで、角は、枯松からまつのようです」

 

このとき、大長谷王子おおはつせのみこは、

市辺忍歯王いちのべのおしはのみこと一緒に淡海おうみに出掛けて、その野に到着すると、それぞれ違う仮宮かりのみやを作って宿としました。

 

翌朝、まだ日が出ていないときに忍歯王おしはのみこは、いつも通りの何気ない様子で馬に乗りながら、大長谷王子おおはつせのみこ仮宮かりのみやの傍に来て、大長谷王子おおはつせのみこの御家来に、

「まだお目覚めにならないのか。早くこう申し上げよ。夜はすでに明けました。狩り場に行きましょう」

と言いました。

 

そして、すぐに馬を進めて先に行ったので、大長谷王子おおはつせのみこの御所に仕えている家来たちは、

「不愉快な物言いをするみこです。用心して、武装なさるべきです」

と申し上げました。

 

これに対して、大長谷王子おおはつせのみこは、

衣の中に甲を着て、弓矢を携え、馬に乗り出て行って、たちまちの間に忍歯王おしはのみこに追いついて並ぶと、矢を抜いて忍歯王おしはのみこを射落として、その身を切り、飼葉桶かいばおけに入れて、地面の高さにして埋めました。

早速、後世に「はなはしき天皇」という不名誉な評判を頂戴する大長谷王子おおはつせのみこ(のちの雄略ゆうりゃく天皇)が殺戮を行いました。

しかも殺された忍歯王おしはのみこの扱いは、「地面と同じ高さで埋められた」とあります。つまり、普通は、墓や塚などを築いて、地面より高い位置に遺体を安置しますが、そうではなく雑な扱いで葬られたことを意味します。

忍歯王おしはのみこは、大長谷王子おおはつせのみこ従兄弟いとこに当たりますから、立派な天皇家のみこですが、あまりにひどい扱いを受けていることが分かります。

この記事を書いている人 - WRITER -
雨野やたしげ
フリーの翻訳者・ライター、編集、校正。 日本の伝統文化である和歌、短歌、古典、古事記、日本文化、少しのプライベート。 古事記の教育現場復帰を強く願う「自分たちの神話を学ばない民族に未来はない」。




Copyright© 深夜営業ジャパノロジ堂 , 2019 All Rights Reserved.